メニューを開く 検索を開く ログイン

"会話"で患者に皮膚がん予防促す手法とは?

ABC介入法で皮膚科受診患者の日焼け予防行動が改善

 2018年09月03日 06:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 皮膚がんの予防には日焼け対策が重要だが、皮膚科医が一方的に指導しても患者の行動変容にはつながりにくい。こうした中、患者との会話の中で日焼け予防に関する意識や行動を評価するAddressing Behavior Change(ABC)と呼ばれる介入法が、日焼け予防行動の改善に有効であることが、米・ Pennsylvania State UniversityのKimberly A. Mallett氏らの研究で示された。同研究では、ABCによって日焼け止めの使用頻度が高まり、日焼けの機会は減るなどの行動変容が認められたという。詳細はJAMA Dermatol2018年8月8日オンライン版)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  "会話"で患者に皮膚がん予防促す手法とは?