メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  米・子宮頸がん減少、口腔咽頭がん増加

米・子宮頸がん減少、口腔咽頭がん増加

HPVワクチン接種率は増加

 2018年09月04日 06:05
プッシュ通知を受取る

18名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 ヒトパピローマウイルス(HPV)が子宮頸部および口腔咽頭、外陰部、腟、陰茎、肛門などのがんの原因となることは知られている。米疾病対策センター(CDC)は、HPVワクチン接種がHPV関連がんに及ぼす影響についての2件の調査結果をMorb Mortal Wkly RepMMWR)に発表。「HPVワクチン接種率は上昇し子宮頸がんは減少したが、口腔咽頭がんは増加した。関連するがんの予防にHPVワクチンの接種が役に立つ」とし、あらためてワクチン接種の重要性について呼びかけた。(関連記事:「米・HPV関連がん撲滅に向けて共同声明」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「即位の礼」恩赦が約55万人。先生はどう思う?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  米・子宮頸がん減少、口腔咽頭がん増加

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10515693 有効期限:10月末まで