メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

米・子宮頸がん減少、口腔咽頭がん増加

HPVワクチン接種率は増加

 2018年09月04日 06:05
プッシュ通知を受取る

19名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 ヒトパピローマウイルス(HPV)が子宮頸部および口腔咽頭、外陰部、腟、陰茎、肛門などのがんの原因となることは知られている。米疾病対策センター(CDC)は、HPVワクチン接種がHPV関連がんに及ぼす影響についての2件の調査結果をMorb Mortal Wkly RepMMWR)に発表。「HPVワクチン接種率は上昇し子宮頸がんは減少したが、口腔咽頭がんは増加した。関連するがんの予防にHPVワクチンの接種が役に立つ」とし、あらためてワクチン接種の重要性について呼びかけた。(関連記事:「米・HPV関連がん撲滅に向けて共同声明」)

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  米・子宮頸がん減少、口腔咽頭がん増加