メニューを開く 検索を開く ログイン

自閉スペクトラム症の早期診断に光

不器用さに関わる特異的な脳活動を利用

 2018年09月05日 06:00
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 金沢大学子どものこころの発達研究センター教授の菊知充氏らの研究グループは、5~7歳の自閉スペクトラム症児を含む子どもを対象にゲームによる実験を実施。自閉スペクトラム症児の不器用さに関わる脳の特徴を世界で初めて明らかにしたと、J Neurosci2018年8月13日オンライン版)に発表した。この特徴を利用すれば、就学前後の時期に自閉スペクトラム症を高精度で識別可能だという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  精神疾患 »  自閉スペクトラム症の早期診断に光