メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  未治療の尖圭コンジローマでHIVリスク増大

未治療の尖圭コンジローマでHIVリスク増大

 2018年09月05日 06:15
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images dragana991 ※画像はイメージです

 尖圭コンジローマ〔肛門性器疣贅(AGW)〕はヒトパピローマウイルス(HPV)による性感染症で、自然治癒することもある。米・Boston UniversityのDeborah Anderson氏らは「AGWはHIVの性感染リスクを高める。そのため、HPVワクチン接種により積極的に治療・予防することで、HIV感染の拡大を抑えることができる」とJ Infect Dis(2018年8月18日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

今の勤務先に満足していますか?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  未治療の尖圭コンジローマでHIVリスク増大

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09515735 有効期限:9月末まで