メニューを開く 検索 ログイン

「安全な飲酒量の目安」神話の崩壊

世界疾病負担研究(GBD)2016

 2018年09月05日 17:24
プッシュ通知を受取る

137名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 「健康リスクを最小限に抑えるための安全な飲酒量の目安が存在する」という認識は神話にすぎない―。米・University of WashingtonのMax G. Griswold氏らは、195カ国・地域の疾病負荷を定量化する世界疾病負担研究(GBD) 2016のシステマチックレビューとメタ解析から、世界でアルコール関連死は300万人近くに上り、がん死リスクはアルコール摂取量が多いほど増加、健康損失を最小限に抑える飲酒量はないことが算定されるとLancet2018年8月23日オンライン版)に報告した。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

月末に期限迎える緊急事態宣言。どう考える?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  「安全な飲酒量の目安」神話の崩壊