メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

夫婦の不仲が炎症リスクに

腸内細菌叢の乱れが原因

 2018年09月06日 06:10
プッシュ通知を受取る

17名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ladi59 ※画像はイメージです

 米・Institute of Behavioral Medicine Research at Ohio state University Wexner Medical CenterのJanice K. Kiecolt-Glaser氏らは、夫婦の激しい対立は細菌内毒素を血中に放出し炎症を引き起こす可能性があることを、Psychoneuroendocrinology(2018; 98: 52-60)に報告した。同氏は「夫婦の不仲が健康障害をもたらす1つの機序を明らかにした初めての研究である」としている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  健康・公衆衛生 »  夫婦の不仲が炎症リスクに