メニューを開く 検索を開く ログイン

1日小さじ2杯の食塩でCVDリスク上昇せず

大規模前向きコホート研究PURE

 2018年09月10日 06:20
プッシュ通知を受取る

29名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 食塩を1日小さじ2杯強摂取しても心血管疾患(CVD)リスクは上昇しない。カナダ・McMaster University and Hamilton Health SciencesのAndrew Mente氏らは大規模前向きコホート研究PURE(Prospective Urban and Rural Epidemiological Study)の参加21カ国・地域中18カ国・地域の成人約9万人のデータを解析した結果をLancet2018; 392: 496-506)で発表した。1日のナトリウム(Na)摂取量の増加に伴い収縮期血圧が上昇するものの、食塩小さじ2杯強(12.5g、Na 5g)以下の集団ではCVDリスクは上昇しないことが明らかになった。多くの国はNa摂取量が1日3~5gで、減塩よりも食生活全般の改善が重要と指摘している。(関連記事「果物、野菜は心血管疾患の予防に直結せず」「世界の食事摂取基準を変える!新研究」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  1日小さじ2杯の食塩でCVDリスク上昇せず

error in template: found but mtif was expected