メニューを開く 検索を開く ログイン

子供の12人に1人が薬物相互作用リスク

米・2万3,000例超対象の調査

 2018年09月11日 06:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像

 米国の小児期・思春期における薬剤使用の実態は明らかでなく、米・University of Illinois at Chicago准教授のDima M. Qato氏らは2万例を超える規模の調査に乗り出した。その結果、小児期・思春期の約12人に1人は併用による薬物相互作用のリスクがあると判明、Pediatrics (2018; 142: e20181042)に報告した。同国では、薬剤による有害事象が小児期および青年期の死因の1つとなっているが、併用療法に関する最新情報の不足が改善されれば薬剤を安全に使用することができるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  小児 »  子供の12人に1人が薬物相互作用リスク