メニューを開く 検索 ログイン

子供の12人に1人が薬物相互作用リスク

米・2万3,000例超対象の調査

2018年09月11日 06:05

1名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 米国の小児期・思春期における薬剤使用の実態は明らかでなく、米・University of Illinois at Chicago准教授のDima M. Qato氏らは2万例を超える規模の調査に乗り出した。その結果、小児期・思春期の約12人に1人は併用による薬物相互作用のリスクがあると判明、Pediatrics (2018; 142: e20181042)に報告した。同国では、薬剤による有害事象が小児期および青年期の死因の1つとなっているが、併用療法に関する最新情報の不足が改善されれば薬剤を安全に使用することができるという。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  小児 »  子供の12人に1人が薬物相互作用リスク

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで