メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  急性心筋梗塞患者への酸素療法は無効

急性心筋梗塞患者への酸素療法は無効

長期追跡結果を発表

 2018年09月11日 06:00
プッシュ通知を受取る

54名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像

 心臓発作を起こした患者に対する酸素療法は100年以上前から行われているが、血中酸素濃度が正常な患者での十分な効果は証明されていない。スウェーデン・Karolinska InstitutetのRobin Hofmann氏らは以前、低酸素状態でない心筋梗塞(MI)が疑われる患者を対象に、酸素療法と空気吸入を比較するDETO2X-AMI※1試験を実施し、酸素療法は1年時点の生存率を改善しないことを報告している※2。今回、同氏らは同試験の長期結果を欧州心臓病学会(ESC 2018、8月25〜29日、ミュンヘン)で報告し、「MIが疑われる患者への酸素療法に心不全予防効果はなく、長期死亡リスクも改善されない」と述べた。なお、詳細はCirculation(2018年8月26日オンライン版)に同時掲載された。(関連記事:「急性心筋梗塞に酸素投与の効果なし」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  急性心筋梗塞患者への酸素療法は無効

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11515780 有効期限:11月末まで