メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  精神疾患 »  カルニチンが即効性抗うつ薬開発の鍵に?

カルニチンが即効性抗うつ薬開発の鍵に?

ヒトで初めてうつ病との関連性を確認

 2018年09月14日 06:00
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

 大うつ病性障害(MDD)患者では健康な人と比べてアセチル-L-カルニチン(LAC)の血中濃度が低かったとする研究結果を、米・Stanford UniversityのNatalie Rasgon氏らがProc Natl Acad Sci U S A.2018; 115: 8627-8632)に報告した。LACがうつ病と関連するバイオマーカーとしてヒトで確認されたのは初めてで、研究では、治療抵抗性の患者や若年期に発症し罹病期間が長い患者で、特にLAC値が低いことも分かった。同氏によると、今回の研究結果が即効性を有し副作用が少ない抗うつ薬の開発につながる可能性もあるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生にとって梅雨時に困ることは?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  精神疾患 »  カルニチンが即効性抗うつ薬開発の鍵に?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P06515799 有効期限:6月末まで