メニューを開く 検索を開く ログイン

単回投与でインフル罹病期間が短縮、AもBも

新規抗インフル薬バロキサビルの第Ⅱ/Ⅲ相臨床試験CAPSTONE-1

 2018年09月14日 06:20
プッシュ通知を受取る

52名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 新規抗インフルエンザウイルス薬バロキサビルマルボキシル(以下、バロキサビル)の単回経口投与でA型またはB型インフルエンザ感染症の罹患期間が短縮する。合併症のないA型またはB型インフルエンザ感染症患者を対象とした第Ⅱ相/第Ⅲ相多施設共同二重盲検ランダム化比較試験CAPSTONE-1の結果を、米・University of VirginiaのFrederick G. Hayden氏らがN Engl J Med2018; 379: 913-923)に報告した。同薬は日本では成人および12歳以上の小児のA型およびB型インフルエンザを適応症として2018年2月に製造販売承認を取得、3月から販売されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

QRコード使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  単回投与でインフル罹病期間が短縮、AもBも

error in template: found but mtif was expected