メニューを開く 検索を開く ログイン

入院中の喫煙CHD患者にニコチンパッチ?!

禁煙促進に一役

 2018年09月18日 06:00
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images Stockbyte ※画像はイメージです

 ニコチン置換療法(NRT)は喫煙への欲求およびいらいら、不安、集中力の低下、うつなどの禁煙に伴う離脱症状の軽減に有効である。しかしニコチンは心拍数を増加させ、血圧を上昇させる。そのため、NRTは心筋梗塞(MI)のリスクを高めることが懸念され、医学的状態が安定した外来患者に使用されることがほとんどである。米・Baystate Medical CenterのQuinn Pack氏らは、NRTは冠動脈性心疾患(CHD)で入院した喫煙者に使用しても安全だとJ Am Heart Assoc(2018; 7: e009424)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  入院中の喫煙CHD患者にニコチンパッチ?!