メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ファーマトリビューン

医療費削減の決め手となるか!? 動き出す地域フォーミュラリー―前編

地域フォーミュラリー実施に向けた現状と課題

 2018年09月19日 16:10
プッシュ通知を受取る

 フォーミュラリーとは、有効性、安全性、経済性などの観点から患者に対して選択されるべき医薬品を定めたリストと使用指針のことである。これを地域医療に適用する「地域フォーミュラリー」についてのシンポジウムが2018年8月4日、東京大学の伊藤謝恩ホールで開催された。

◎この記事のポイント

■地域フォーミュラリーに関する現状や、課題、必要性について、医師の栗谷義樹氏、前・厚生労働省医政局長の武田俊彦氏が講演を行った

■山形県の酒田・鶴岡地区では、ID-Linkを利用した「ちょうかいネット」が稼動。地域の医療連携に活用するべく、登録患者の診療記録が開示されている

■高齢化と過疎化が進む同地区は、地域包括ケアをさらに進め、効率的に医療資源を利用して医療提供体制を確保する。その1つに地域フォーミュラリーが挙げられている

■医薬分業の観点から見ても、薬物療法の費用対効果が改善され、患者アウトカムが向上すれば、薬剤師の役割りに説得力が増す

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  薬剤情報 »  医療費削減の決め手となるか!? 動き出す地域フォーミュラリー―前編

error in template: found but mtif was expected