メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  薬剤情報 »  医療費削減の決め手となるか!? 動き出す地域フォーミュラリー―後編

ファーマトリビューン

医療費削減の決め手となるか!? 動き出す地域フォーミュラリー―後編

地域フォーミュラリー実施に向けた現状と課題

 2018年09月19日 16:10
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 世界的に例のないスピードで高齢化が進む日本では、社会保障費の高騰などにより、医療制度が存続の危機に直面している。その対策の鍵となるのが、地域において処方する医薬品を選定してリスト化する地域フォーミュラリーだ。「地域フォーミュラリー実施に向けた現状と課題~医師、薬剤師、製薬企業、医薬品卸企業への影響~」(2018年8月4日、東京大学)で、今井博久氏(東京大学大学院地域医薬システム講座学講座教授)、加藤肇氏(品川薬剤師会会長)らが、運用の重要性や課題、薬剤師の役割を語った。

◎この記事のポイント

■日本の医療制度は存続の危機にあり、医療費は近々70兆円に達するという見方もある

■医療費削減のターゲットは、約9兆円とも言われる薬剤費である

■そこで、地域フォーミュラリーで標準的な薬物治療を推進し、医療費を適正化することが有効である

■ステークホルダー(意思決定者)が良好な関係を築きながら、協働作業で地域フォーミュラリーを実施することが重要。薬剤師は薬の評価などを行い、医師らと情報共有することが欠かせない

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

どこまで広がる?! 医学部入試の得点操作問題

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  薬剤情報 »  医療費削減の決め手となるか!? 動き出す地域フォーミュラリー―後編

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10516157 有効期限:10月末まで