メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

喫煙が認知症のリスクに

アジア人でも確認

 2018年09月20日 06:00
プッシュ通知を受取る

19名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images dangphoto2517 ※画像はイメージです

 喫煙は世界で予防可能で最も重要な死因の1つである。喫煙による心血管疾患、慢性閉塞性肺疾患、がんなどのリスク増加は知られているが、認知症との関連を調べた研究は少ない。韓国・Seoul National UniversityのSang Min Park氏らは、韓国の健康保険データベースを用いて禁煙期間が認知症リスクに及ぼす影響を検討し、喫煙継続者では認知症リスクが高かったとAnn Clin Transl Neurol(2018年9月5日オンライン版)に報告した。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナワクチンの職域接種、先生は接種に参加?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  健康・公衆衛生 »  喫煙が認知症のリスクに