メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  AIで高精度に心房細動を予測

AIで高精度に心房細動を予測

日本人初のモデル

 2018年09月20日 06:20
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

 心房細動(AF)は脳梗塞の独立した危険因子として知られるが、特異的な自覚症状に乏しく、早期診断が臨床的な課題となっている。ブリストル・マイヤーズスクイブ株式会社循環器領域メディカル部の鈴木稜子氏、ファイザー株式会社循環器・代謝領域メディカルアフェアーズの片田淳氏、株式会社キャンサースキャンAI事業部の三澤大太郎氏らは、人工知能(AI)を用いた非弁膜症性心房細動(NVAF)患者の予測モデルを作成し、第66回日本心臓病学会(9月7~9日)で報告した。鈴木氏は「感度、特異度のバランスが良く精度も高いモデルが作成できた。最終的にはNVAF患者の早期スクリーニングができるようにしたい」と今後の研究に意欲を示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

どこまで広がる?! 医学部入試の得点操作問題

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  AIで高精度に心房細動を予測

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10516216 有効期限:10月末まで