メニューを開く 検索を開く ログイン
【重要】会員規約改定のお知らせ(会員規約プライバシーポリシー

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  リウマチ・膠原病 »  トファシチニブ、RAの新たな治療選択肢に

トファシチニブ、RAの新たな治療選択肢に

 2018年09月21日 06:00
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 関節リウマチ(RA)を適応とする、わが国初の経口ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬トファシチニブ(商品名ゼルヤンツ)の発売開始から5年が経過した。8月28日、販売元のファイザーが東京都でプレスセミナーを開催、産業医科大学第1内科学講座教授の田中良哉氏と北海道大学大学院免疫・代謝内科学教室教授の渥美達也氏が、RA治療におけるJAK阻害薬の位置付けやトファシチニブの特定使用成績調査などについて講演した。(関連記事:「初のJAK阻害薬、市販後調査の中間解析」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

帰宅後も思い悩んだ診療での出来事は?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  リウマチ・膠原病 »  トファシチニブ、RAの新たな治療選択肢に

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

登録キャンペーンのご案内
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04516224 有効期限:4月末まで