メニューを開く 検索 ログイン

新機序のHAE治療薬、初の皮下注で承認

2018年09月22日 06:00

5名の医師が参考になったと回答 

 指定難病の1つである遺伝性血管性浮腫(Hereditary angioedema;HAE)の治療薬としては、わが国初となる新機序かつ皮下注製剤イカチバント(商品名フィラジル皮下注30mgシリンジ)が、9月21日に承認された。同薬を製造販売するシャイアー・ジャパンが発表した。1回の同製剤皮下注により、浮腫発作を速やかに改善すると期待されている。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  薬剤情報 »  新機序のHAE治療薬、初の皮下注で承認

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで