メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  運動器 »  整形外科の関わりでがん患者の生活が一変

整形外科の関わりでがん患者の生活が一変

がんとロコモティブシンドローム

 2018年09月25日 06:00
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 がん患者では、骨転移や治療の影響などにより、運動器の機能が低下することがある。この状態を、日本整形外科学会は「がんロコモ」と名付けている。9月6日に開催された同学会の記者説明会では、金沢大学整形外科教授の土屋弘行氏が「がんとロコモティブシンドローム」と題した講演を行い、がんロコモに対して整形外科的な介入を行うことによって、がん治療や患者生活が一変すると語った。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

どこまで広がる?! 医学部入試の得点操作問題

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  運動器 »  整形外科の関わりでがん患者の生活が一変

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10516220 有効期限:10月末まで