メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

整形外科の関わりでがん患者の生活が一変

がんとロコモティブシンドローム

 2018年09月25日 06:00
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

 がん患者では、骨転移や治療の影響などにより、運動器の機能が低下することがある。この状態を、日本整形外科学会は「がんロコモ」と名付けている。9月6日に開催された同学会の記者説明会では、金沢大学整形外科教授の土屋弘行氏が「がんとロコモティブシンドローム」と題した講演を行い、がんロコモに対して整形外科的な介入を行うことによって、がん治療や患者生活が一変すると語った。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  運動器 »  整形外科の関わりでがん患者の生活が一変