メニューを開く 検索を開く ログイン

炎症性腸疾患の血清マーカー測定法を確立

 2018年09月26日 06:05
プッシュ通知を受取る

15名の先生が役に立ったと考えています。

 炎症性腸疾患の疾患活動性の血清バイオマーカーとなるロイシンリッチα2グリコプロテイン(LRG)の迅速な定量法が開発された。これまで炎症性腸疾患の有効な血清バイオマーカーはなかったため、これにより簡便な診断が可能になるという。既に、先月(2018年8月)下旬に体外診断用医薬品として製造販売承認された。今後保険適用の申請が予定されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  リウマチ・膠原病 »  炎症性腸疾患の血清マーカー測定法を確立