メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  米・先天性梅毒が4年で倍増

米・先天性梅毒が4年で倍増

 2018年10月02日 06:15
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国では、母親が妊娠中または出産時に感染した先天性梅毒症例が増加している。米疾病対策センター(CDC)が年に1回発表している2017 Sexually Transmitted Disease Surveillance Reportによると、先天性梅毒は2013〜17年の4年間で2倍以上に増加した。CDCは、初診時の梅毒検査や感染リスクが高い女性のフォローアップ検査など、妊婦に対する早期のケアが必要であると強調している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

介護脱毛(アンダーヘアの脱毛)が普及の兆し。推奨できますか?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  米・先天性梅毒が4年で倍増

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07516489 有効期限:7月末まで