メニューを開く 検索を開く ログイン

米・先天性梅毒が4年で倍増

 2018年10月02日 06:15
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国では、母親が妊娠中または出産時に感染した先天性梅毒症例が増加している。米疾病対策センター(CDC)が年に1回発表している2017 Sexually Transmitted Disease Surveillance Reportによると、先天性梅毒は2013〜17年の4年間で2倍以上に増加した。CDCは、初診時の梅毒検査や感染リスクが高い女性のフォローアップ検査など、妊婦に対する早期のケアが必要であると強調している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  米・先天性梅毒が4年で倍増