メニューを開く 検索 ログイン

MitraClipで僧帽弁逆流症患者の予後改善

2018年10月03日 06:05

7名の医師が参考になったと回答 

 中等度から重度の二次性僧帽弁逆流症(MR)患者に対するMitraClipを用いた経皮的僧帽弁形成術の予後改善効果を検証したランダム化比較試験(RCT)COAPTの結果が公表された。その結果、対照の薬物療法単独群に比べMitraClip群では24カ月以内の心不全による入院率と全死亡率が有意に低下し、安全性も確認された。結果はN Eng J Med2018年9月23日オンライン版)に掲載された。(関連記事:「僧帽弁逆流症でクリップ術は転帰を改善せず」)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  MitraClipで僧帽弁逆流症患者の予後改善

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD516492 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外