メニューを開く 検索 ログイン

アザチオプリンが皮膚がんリスクに

ゲノム解析で新規変異シグネチャー同定

2018年10月03日 06:15

10名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images andriano_cz ※画像はイメージです

 免疫抑制薬アザチオプリンが、皮膚扁平上皮がんの発症リスクを高めることが明らかになった。英・Jacqui Wood Cancer Centre, University of DundeeのGareth J. Inman氏らが、皮膚扁平上皮がん37検体のゲノム変異パターンの解析から、アザチオプリンへの慢性曝露に関連する新規の変異シグネチャー32を同定したとNat Commun(2018; 9: 3667)で報告した。同薬投与患者では通年の日焼け防止が必要であるという。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  アザチオプリンが皮膚がんリスクに

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで