メニューを開く 検索 ログイン

遺伝性血管性浮腫の28年ぶり新薬など承認

 2018年10月03日 11:53
プッシュ通知を受取る

13名の先生が役に立ったと考えています。

 医薬品医療機器総合機構(PMDA)は、今年(2018年)8月1日〜9月30日に、指定難病の1つである遺伝性血管性浮腫(Hereditary angioedema;HAE)の28年ぶりの新薬をはじめ、過活動性膀胱(OAB)の経口治療薬、緑内障・高眼圧症の点眼治療薬、乳がんの分子標的薬、白血病治療薬な...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

トンデモ医療の被害にあった患者を知っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  薬剤情報 »  遺伝性血管性浮腫の28年ぶり新薬など承認