メニューを開く 検索を開く ログイン

遺伝性血管性浮腫の28年ぶり新薬など承認

 2018年10月03日 11:53
プッシュ通知を受取る

13名の先生が役に立ったと考えています。

 医薬品医療機器総合機構(PMDA)は、今年(2018年)8月1日〜9月30日に、指定難病の1つである遺伝性血管性浮腫(Hereditary angioedema;HAE)の28年ぶりの新薬をはじめ、過活動性膀胱(OAB)の経口治療薬、緑内障・高眼圧症の点眼治療薬、乳がんの分子標的薬、白血病治療薬などの新医薬品が厚生労働省から承認を受けたと発表した。そのうち、剤形・用量・投与経路変更、適応拡大を除く新薬は8種類である()。

表. 2018年8月1日~9月30日に承認された新薬(剤形・用量・投与経路変更、適応拡大を除く)

21865_tab.png

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  薬剤情報 »  遺伝性血管性浮腫の28年ぶり新薬など承認

error in template: found but mtif was expected