メニューを開く 検索を開く ログイン

逆行性射精に抗うつ薬が有効?

アモキサピン内服で挙児を得た3例を報告

 2018年10月05日 18:18
プッシュ通知を受取る

41名の先生が役に立ったと考えています。

 逆行性射精は、射精時の内尿道口閉鎖不全により精液が膀胱内に流入する病態である。逆行性射精による射精量の減少は不妊の原因となるため、挙児を望む例には積極的な介入が必要となる。六輪病院(愛知県)泌尿器科の小谷俊一氏らは、抗うつ薬であるアモキサピンの内服により挙児を得た3例を経験。第29回日本性機能学会(9月13〜16日)で報告を行った。なお学会発表から程なくして、アモキサピンによる逆行性射精治療が保険診療で可能になるというニュースも飛び込んだ。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  その他診療領域 »  逆行性射精に抗うつ薬が有効?