メニューを開く 検索を開く ログイン

wclc2018

次世代ALK阻害薬、がん増悪リスクを51%低減

ALK変異陽性非小細胞肺がんに対するbrigatinib

 2018年10月05日 18:13
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 ALK阻害薬未治療で局所進行性または転移性のALK遺伝子転座変異陽性非小細胞肺がん(NSCLC)患者を対象に、次世代ALK阻害薬であるbrigatinibの有効性と安全性をクリゾチニブと比較検討した第Ⅲ相試験ALTA-1Lの中間解析結果が明らかになった。同試験では、brigatinib群においてクリゾチニブ群と比べて無増悪生存期間(PFS)の有意な延長が認められ、病勢進行または死亡のリスクが51%低下した。米・University of Colorado Cancer CenterのDavid R. Camidge氏が第19回世界肺癌学会議(WCLC 2018、9月23~26日、トロント)で報告した。結果はN Engl J Med2018年9月25日オンライン版)に同時掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

変異株はコロナの脅威を増大させるか

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  次世代ALK阻害薬、がん増悪リスクを51%低減