メニューを開く 検索を開く ログイン

wclc2018

実臨床でもアファチニブの用量調整は有用

NSCLCにおける副作用の頻度と重症度は低下

 2018年10月09日 06:00
プッシュ通知を受取る

 上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異陽性の進行非小細胞肺がん(NSCLC)に対し、一次治療としての第二世代EGFR-TKIアファチニブの投与をリアルワールド(実臨床)で評価した非介入観察研究RealGiDoから、用量調整を行うことで有効性を低下させることなく、薬物有害反応(ADR)の頻度と重症度が低下することが示された。臨床試験の知見が実臨床でも確認される結果となった。米・Montefiore Albert Einstein Cancer CenterのBalazs Halmos氏が第19回世界肺癌学会議(WCLC 2018、9月23~26日、トロント)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  実臨床でもアファチニブの用量調整は有用

error in template: found but mtif was expected