メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  女性疾患・周産期 »  最近の経口避妊薬でも卵巣がんリスク減

最近の経口避妊薬でも卵巣がんリスク減

デンマーク・前向きコホート研究

 2018年10月10日 06:10
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 以前から経口避妊薬と卵巣がんリスクの低下を関連付ける報告はあったが、現在広く使用されている低用量エストロゲンと新しいタイプのプロゲストーゲンが配合された経口避妊薬についても、長期的な卵巣がんリスクの低減効果が期待できることが明らかになった。英・University of Aberdeen のLisa Iversen氏らがデンマークの国民データベースを用いて実施した大規模前向きコホート研究で、ホルモン剤が含まれる避妊薬の使用によって生殖年齢の女性の卵巣がんを21%予防できると推定されたという。詳細はBMJ2018; 362: k3609)に発表された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東名あおり運転」、判決。先生のあおり運転体験は?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  女性疾患・周産期 »  最近の経口避妊薬でも卵巣がんリスク減

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12516538 有効期限:12月末まで