メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  Ⅲ期NSCLCの維持療法に新たな標準治療

wclc2018

Ⅲ期NSCLCの維持療法に新たな標準治療

抗PD-L1抗体デュルバルマブで死亡リスクが32%減少

 2018年10月11日 06:15
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 免疫チェックポイント阻害薬である抗PD-L1抗体デュルバルマブについて、化学放射線療法施行後に進行が認められなかったⅢ期(局所進行性)の切除不能非小細胞肺がん(NSCLC)患者を対象に、維持療法としての有効性・安全性を検証した第Ⅲ相二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験PACIFICの結果から、既報に比べ有意な無増悪生存期間(PFS)の延長に加えて、全生存期間(OS)でも有意な延長が認められ、死亡リスクは32%減少したことが示された。米・H. Lee Moffitt Cancer Center and Research InstituteのScott J. Antonia氏が第19回世界肺癌学会議(WCLC 2018、9月23~26日、トロント)で発表。結果はN Engl J Med2018年9月25日オンライン版)に同時掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

どこまで広がる?! 医学部入試の得点操作問題

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  Ⅲ期NSCLCの維持療法に新たな標準治療

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10516579 有効期限:10月末まで