メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ICT活用し、COPDの早期診断を支援

 2018年10月12日 06:10
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 診療情報などの医療データや情報通信技術(ICT)の利用が進み、医療現場の課題解決に役立てる取り組みが始まっている。慶應義塾大学医療政策・管理学教室教授の宮田裕章氏は、グラクソ・スミスクライン(GSK)が東京都で9月26日に開催したメディアセミナーで講演。沖縄県、那覇市医師会、GSKと共同で今年(2018年)9月にスタートさせた、ICTを活用した慢性閉塞性肺疾患(COPD)の早期診断支援システムの構築に向けた研究について解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連タグ

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  呼吸器 »  ICT活用し、COPDの早期診断を支援

error in template: found but mtif was expected