メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  リウマチ・膠原病 »  若年性線維筋痛症で高率に発達障害が合併

若年性線維筋痛症で高率に発達障害が合併

 2018年10月15日 16:20
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

 小児期に発症する若年性線維筋痛症(JFM)は、疼痛をはじめとした多様な症状のために通学できなくなるなど患児の生活に深刻な影響を及ぼす。東京女子医科大学病院膠原病リウマチ痛風センター小児リウマチ科講師の宮前多佳子氏は、JFM患児では高率に発達障害が認められることを第10回日本線維筋痛症学会(9月29~30日)で報告、心理発達評価を行うことの重要性を指摘した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

水道民営化へ

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  リウマチ・膠原病 »  若年性線維筋痛症で高率に発達障害が合併

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12516567 有効期限:12月末まで