メニューを開く 検索を開く ログイン

若年性線維筋痛症で高率に発達障害が合併

 2018年10月15日 16:20
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

 小児期に発症する若年性線維筋痛症(JFM)は、疼痛をはじめとした多様な症状のために通学できなくなるなど患児の生活に深刻な影響を及ぼす。東京女子医科大学病院膠原病リウマチ痛風センター小児リウマチ科講師の宮前多佳子氏は、JFM患児では高率に発達障害が認められることを第10回日本線維筋痛症学会(9月29~30日)で報告、心理発達評価を行うことの重要性を指摘した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  リウマチ・膠原病 »  若年性線維筋痛症で高率に発達障害が合併

error in template: found but mtif was expected