メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  リウマチ・膠原病 »  若年性線維筋痛症で高率に発達障害が合併

若年性線維筋痛症で高率に発達障害が合併

2018年10月15日 16:20

26名の医師が参考になったと回答 

 小児期に発症する若年性線維筋痛症(JFM)は、疼痛をはじめとした多様な症状のために通学できなくなるなど患児の生活に深刻な影響を及ぼす。東京女子医科大学病院膠原病リウマチ痛風センター小児リウマチ科講師の宮前多佳子氏は、JFM患児では高率に発達障害が認められることを第10回日本線維筋痛症学会(9月29~30日)で報告、心理発達評価を行うことの重要性を指摘した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

各地で連日30℃超えの真夏日が続く。猛暑だと外来患者は?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  リウマチ・膠原病 »  若年性線維筋痛症で高率に発達障害が合併