メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  自己便移植で抗菌薬投与後の腸内細菌を回復

自己便移植で抗菌薬投与後の腸内細菌を回復

同種造血幹細胞移植後患者での検討

 2018年10月15日 16:15
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのYing Taur氏らは、同種造血幹細胞移植(allo-HSCT)を施行したがん患者に対する自己糞便微生物移植法(auto-FMT)が腸内細菌叢に及ぼす効果をランダム化比較試験(RCT)で検討した結果を、Sci Transl Med2018年9月26日オンライン版)に報告。auto-FMTはallo-HSCT施行患者の腸内細菌叢を抗菌薬投与前の状態に回復させ、がん患者にとって有益であることが示唆されたという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

11月14日は「世界糖尿病デー」。自身の診療領域の疾患啓発デーに対する認知度

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  自己便移植で抗菌薬投与後の腸内細菌を回復

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11516585 有効期限:11月末まで