メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  人間ドックと定期健診の有所見率がほぼ一致

人間ドックと定期健診の有所見率がほぼ一致

血圧、血色素、肝機能、脂質、血糖で比較

 2018年10月15日 06:20
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 日本人間ドック学会では、人間ドックの検査項目について重症度別の判定区分(有所見基準)を設定しているが、労働安全衛生法に基づく職域定期健康診断(定期健診)では、各実施企業に有所見基準が一任されている。そこで、東京慈恵会医科大学大学院健康科学教授(同学会人間ドック健診の有用性に関する大規模研究委員会副委員長)の和田高士氏は、同学会が全国の施設から収集した人間ドックでの血圧、血糖などの各有所見率と、定期健診での有所見率を比較、検討。両者でおおむね差異はなかったと第59回同学会(8月30~31日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

水道民営化へ

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  人間ドックと定期健診の有所見率がほぼ一致

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12516587 有効期限:12月末まで