メニューを開く 検索を開く ログイン

人間ドックと定期健診の有所見率がほぼ一致

血圧、血色素、肝機能、脂質、血糖で比較

 2018年10月15日 06:20
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 日本人間ドック学会では、人間ドックの検査項目について重症度別の判定区分(有所見基準)を設定しているが、労働安全衛生法に基づく職域定期健康診断(定期健診)では、各実施企業に有所見基準が一任されている。そこで、東京慈恵会医科大学大学院健康科学教授(同学会人間ドック健診の有用性に関する大規模研究委員会副委員長)の和田高士氏は、同学会が全国の施設から収集した人間ドックでの血圧、血糖などの各有所見率と、定期健診での有所見率を比較、検討。両者でおおむね差異はなかったと第59回同学会(8月30~31日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  人間ドックと定期健診の有所見率がほぼ一致

error in template: found but mtif was expected