メニューを開く 検索を開く ログイン

歯が少ない高齢者で高い睡眠リスク

 2018年10月17日 06:00
プッシュ通知を受取る

17名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 できるだけ自分の歯を保持することが、健康長寿の秘訣となる。実際、歯のない人は認知症になりやすい、骨折しやすいといった研究結果も報告されている。東北大学などの研究グループは、65歳以上の高齢者を対象に残存する歯の数と睡眠時間との関連を検討。歯が少ない高齢者は、長時間睡眠または短時間睡眠になるリスクが高いことが示されたと、Sleep Med2018; 52: 18-22)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  高齢者 »  歯が少ない高齢者で高い睡眠リスク