メニューを開く 検索 ログイン

ALS治療薬が前立腺がん治療に有効

2018年10月17日 06:10

14名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 国内では1999年から臨床で用いられている筋萎縮性側索硬化症(ALS)治療薬のリルゾールに、ドラッグ・リポジショニングの可能性が見いだされた。米・Roswell Park Comprehensive Cancer CenterのKristine M. Wadosky氏らは、リルゾールが小胞体ストレス(ERS)応答を介してアンドロゲン受容体(AR)蛋白質の分解を誘導することを発見、前立腺がん治療に有効である可能性をProstate(2018年10月2日オンライン版)に報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  ALS治療薬が前立腺がん治療に有効

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで