メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  MitraClipの2試験、異なる結果が示すのは

MitraClipの2試験、異なる結果が示すのは

 2018年10月17日 14:30
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 二次性僧帽弁閉鎖不全症(MR)患者に対するMitraClipを用いた経皮的僧帽弁形成術の予後改善効果を検証した2つのランダム化比較試験、MITRA-FRとCOAPTの結果が8、9月に相次いでN Eng J Med2018年8月27日オンライン版2018年9月23日オンライン版)に掲載された。COAPT試験ではMitraClipによる患者の入院率や全死亡率の有意な低下が示された一方、MITRA-FR試験ではこれらの改善は見られず、相反する結果となった。アボットバスキュラージャパンが10月11日に東京都で開いた記者説明会で、MitraClipの国内治験(AVJ-514)に参加した国立循環器病研究センター心臓血管内科部門心不全科の天木誠氏はMitraClipの有効性・安全性を説明するとともに、両試験の結果について見解を示した。(関連記事:「僧帽弁逆流症でクリップ術は転帰を改善せず」、「MitraClipで僧帽弁逆流症患者の予後改善」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

10連休中に行われた4年に1度の医学会総会

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  MitraClipの2試験、異なる結果が示すのは

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P05516646 有効期限:5月末まで