メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  MitraClipの2試験、異なる結果が示すのは

MitraClipの2試験、異なる結果が示すのは

2018年10月17日 14:30

11名の医師が参考になったと回答 

 二次性僧帽弁閉鎖不全症(MR)患者に対するMitraClipを用いた経皮的僧帽弁形成術の予後改善効果を検証した2つのランダム化比較試験、MITRA-FRとCOAPTの結果が8、9月に相次いでN Eng J Med2018年8月27日オンライン版2018年9月23日オンライン版)に掲載された。COAPT試験ではMitraClipによる患者の入院率や全死亡率の有意な低下が示された一方、MITRA-FR試験ではこれらの改善は見られず、相反する結果となった。アボットバスキュラージャパンが10月11日に東京都で開いた記者説明会で、MitraClipの国内治験(AVJ-514)に参加した国立循環器病研究センター心臓血管内科部門心不全科の天木誠氏はMitraClipの有効性・安全性を説明するとともに、両試験の結果について見解を示した。(関連記事:「僧帽弁逆流症でクリップ術は転帰を改善せず」、「MitraClipで僧帽弁逆流症患者の予後改善」)

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  MitraClipの2試験、異なる結果が示すのは