メニューを開く 検索を開く ログイン

腹部大動脈石灰化が心発作リスクを予測

 2018年10月18日 06:00
プッシュ通知を受取る

15名の先生が役に立ったと考えています。

 心血管疾患は世界的に主要な死因の1つで、将来の心血管イベントリスクの正確な評価は重要である。10年間の冠動脈疾患の発症を予測する指標としてフラミンガムリスクスコア(FRS)があるが、FRSで評価された患者の多くは不確定なリスクカテゴリーに分類されるため、追加の非侵襲的検査の施行が促される。米・University of Wisconsin School of Medicine and Public Health のStacy D. O'Connor氏らは「CTによる腹部大動脈石灰化(AAC)の測定値が将来の心血管イベントの強力な予測因子となることを見いだした」とRadiology(2018年10月2日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  腹部大動脈石灰化が心発作リスクを予測

error in template: found but mtif was expected