メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  腹部大動脈石灰化が心発作リスクを予測

腹部大動脈石灰化が心発作リスクを予測

 2018年10月18日 06:00
プッシュ通知を受取る

13名の先生が役に立ったと考えています。

 心血管疾患は世界的に主要な死因の1つで、将来の心血管イベントリスクの正確な評価は重要である。10年間の冠動脈疾患の発症を予測する指標としてフラミンガムリスクスコア(FRS)があるが、FRSで評価された患者の多くは不確定なリスクカテゴリーに分類されるため、追加の非侵襲的検査の施行が促される。米・University of Wisconsin School of Medicine and Public Health のStacy D. O'Connor氏らは「CTによる腹部大動脈石灰化(AAC)の測定値が将来の心血管イベントの強力な予測因子となることを見いだした」とRadiology(2018年10月2日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

水道民営化へ

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  腹部大動脈石灰化が心発作リスクを予測

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12516637 有効期限:12月末まで