メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  健康・公衆衛生 »  昇降式デスクで坐位時間短縮

昇降式デスクで坐位時間短縮

仕事の効率もアップ?

 2018年10月18日 06:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images Wavebreakmedia ※画像はイメージです

 事務職の労働者は勤務時間の70~85%を坐位で過ごすが、坐位時間が長いと2型糖尿病や心疾患、一部のがんおよび死亡のリスクが上昇し、仕事に取り組む姿勢にも悪影響を生じることが知られている。英・University of LeicesterのCharlotte L. Edwardson氏らは、高さ調節可能で立位でもパソコン業務が行える昇降式デスクの効果を通常のデスクと比較するランダム化比較試験(RCT)Stand More AT (SMArT)Workを実施。昇降式デスクは坐位時間を短縮し、職務遂行能力や精神的健康に好影響を及ぼす可能性があることが示されたとBMJ(2018; 363: k3870)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  健康・公衆衛生 »  昇降式デスクで坐位時間短縮

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11516648 有効期限:11月末まで