メニューを開く 検索を開く ログイン

なぜ高齢者にインフルワクチンが必要か

サノフィ・メディアラウンドテーブル開催

 2018年10月19日 06:10
プッシュ通知を受取る

27名の先生が役に立ったと考えています。

 国立感染症研究所の調査によると、日本における昨シーズン(2017年9月〜18年4月)のインフルエンザ感染者は2,230万人を超え、1999年の統計開始以来、最高となった(関連記事:「インフルエンザ3週連続で過去最高更新」)。特に免疫力が低下している65歳以上の高齢者では、インフルエンザウイルス感染により入院や死亡のリスクが高く、専門医からはワクチン接種率向上の必要性が指摘されている。9月5日、サノフィが東京都で開催したメディアラウンドテーブルでは、米・Brown UniversityのStefan Gravenstein氏と国立病院機構東京病院の永井英明氏が講演し、高齢者がインフルエンザワクチンを接種する意義などについて説明した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  なぜ高齢者にインフルワクチンが必要か

error in template: found but mtif was expected