メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  臨床医学 »  選択のばらつきには意味がある

選択のばらつきには意味がある

決断の多様性が集団のメリットを高めることを示唆

 2018年10月21日 06:00
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 右に行くべきか、左に行くべきか。日常生活で選択に悩む局面は少なくない。疾患の治療法を選択するときも同様だ。しかし、希少疾患や未知の疾患では、選択のための情報が不十分なケースもある。京都大学大学院統計遺伝学分野の王娟氏と、同教授の山田亮氏は、集団の中での個人が下す決断における多様性の意義を数理統計学的に検討。その結果、個人が下す決断が、統計学の「お薦め」に従うよりも、まちまちであることの重要性が示されたと、PeerJ2018; 6: e5677)に発表した。さらに、集団が「何か良いこと」に向かって試行錯誤するときに、2つある選択肢の成功率がいずれも高そうな場合には、楽観的な集団の方が全体として成功しやすくなることも明らかにしている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連タグ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師は頼りになるパートナーか

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  臨床医学 »  選択のばらつきには意味がある

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08516667 有効期限:8月末まで