メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

米・芝刈り機による外傷が多発、年間6,400例

救急受診のデータを解析

 2018年10月22日 06:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 日常的に多くの人が使用する機器も、時として傷害をもたらす危険性を有している。米・Johns Hopkins UniversityのDaniel G. Hottinger氏らは、米国最大の救急受診データベースNEDS(Nationwide Emergency Department Sample)を用いて、2006~13年の芝刈り機による外傷に関する疫学調査を実施した。その結果、芝刈り機に起因する外傷は一定の頻度で発生しており、推計患者数は全米で年間6,400例近くに上るとPublic Health Rep(2018; 133: 570-577)で報告した。なお、消費者庁によると日本では2009年9月~17年6月に草刈り機により指を切断、骨折したなどの事故情報が140件寄せられているという(関連記事:「農業作業事故防止に有効な安全マニュアル作成を」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  事件・事故 »  米・芝刈り機による外傷が多発、年間6,400例

error in template: found but mtif was expected