メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  神経性食欲不振症は痩せ過ぎを好む

神経性食欲不振症は痩せ過ぎを好む

 2018年10月23日 06:05
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 神経性食欲不振症(AN)の主症状はボディーイメージのゆがみである。これまで多くの研究により、ANの女性患者は視覚的な自己認識のゆがみに苦しんでおり、一般的には痩せ過ぎである体形を太っていると感じていることが示唆されている。しかし、このことについてエビデンスは得られていない。独・Max Planck Institute for Biological CyberneticsおよびMedical University Hospital TübingenのSimones C. Mölber氏らは、バーチャルリアリティー技術を用いてAN女性患者が認識する視覚的なボディーイメージを検討。「AN女性ではボディーイメージに対する考えや姿勢のゆがみから、BMI 15に相当する痩せ過ぎを理想としていることが明らかになった」とPsychol Med(2018; 48: 642-653)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高校野球4強出揃う。優勝は?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  神経性食欲不振症は痩せ過ぎを好む

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08516680 有効期限:8月末まで