メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

"非表示成分"が食物アレルギーの原因に

オランダ・前向きコホート研究

 2018年10月23日 06:15
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 オランダ応用科学研究機構および同国・Utrecht UniversityのW. Marty Blom氏らは、成人食物アレルギー患者157例を対象に前向きコホート研究を実施。1年間に発症した偶発的食物アレルギーの原因として、研究対象となった食品51品目中19品目(37%)で食品成分表示にないアレルゲンが同定されたとJ Allergy Clin Immunol2018 ; 142: 865-875)で報告した。中でも意図せず食品中に含まれる牛乳は、アレルゲンおよびアレルギーの管理で特に注意を要するという(関連記事「食物アレルギー患者の安全を確保するには」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  アレルギー »  "非表示成分"が食物アレルギーの原因に