メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  アレルギー »  "非表示成分"が食物アレルギーの原因に

"非表示成分"が食物アレルギーの原因に

オランダ・前向きコホート研究

 2018年10月23日 06:15
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 オランダ応用科学研究機構および同国・Utrecht UniversityのW. Marty Blom氏らは、成人食物アレルギー患者157例を対象に前向きコホート研究を実施。1年間に発症した偶発的食物アレルギーの原因として、研究対象となった食品51品目中19品目(37%)で食品成分表示にないアレルゲンが同定されたとJ Allergy Clin Immunol2018 ; 142: 865-875)で報告した。中でも意図せず食品中に含まれる牛乳は、アレルゲンおよびアレルギーの管理で特に注意を要するという(関連記事「食物アレルギー患者の安全を確保するには」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  アレルギー »  "非表示成分"が食物アレルギーの原因に

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11516685 有効期限:11月末まで