メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  皮膚 »  爪白癬治療薬、選択基準の見直し必要

爪白癬治療薬、選択基準の見直し必要

主軸2剤の特徴を振り返る

 2018年10月24日 06:10
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

 爪白癬の新たな治療薬として2014年、2016年に外用薬が2剤発売され、今年(2018年)には内服薬が1剤加わり、選択肢が豊富になった。埼玉医科大学総合医療センター皮膚科教授の福田知雄氏は第62回日本医真菌学会総会(9月8~9日)のシンポジウム「爪白癬治療の標準化に向けて」で、これまで臨床を支えてきた内服薬2剤の特徴をあらためて振り返り、今後の薬剤選択の在り方について言及。「外用薬が使えるようになった今、爪白癬治療の第一選択は必ずしも内服薬とはいえず、内服、外用の選択基準を見直す時期に来ていると考える」と述べ、治療の標準化の必要性を強調した。

シンポジウム「爪白癬治療の標準化に向けて」記事一覧

1. 爪白癬治療薬、選択基準の見直し必要
2. 爪白癬治療、外用薬登場で選択の幅広がる
3. 20年ぶりの新規爪白癬治療薬どう使う?

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

水道民営化へ

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  皮膚 »  爪白癬治療薬、選択基準の見直し必要

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12516614 有効期限:12月末まで