メニューを開く 検索

爪白癬治療、外用薬登場で選択の幅広がる

2018年10月24日 06:15

11名の医師が参考になったと回答 

 順天堂越谷病院皮膚科の河井正晶氏は第62回日本医真菌学会総会(9月8~9日)のシンポジウム「爪白癬治療の標準化に向けて」で、爪白癬に適応を持った抗真菌外用薬2剤の特性と適応について解説した。外用薬は患者ニーズが高く、2014年から外用薬2剤が発売となったことで薬剤の選択肢が広がったと臨床での有用性を評価した。

シンポジウム「爪白癬治療の標準化に向けて」記事一覧

1. 爪白癬治療薬、選択基準の見直し必要
2. 爪白癬治療、外用薬登場で選択の幅広がる
3. 20年ぶりの新規爪白癬治療薬どう使う?

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  皮膚 »  爪白癬治療、外用薬登場で選択の幅広がる