メニューを開く 検索 ログイン

20年ぶりの新規爪白癬治療薬どう使う?

2018年10月24日 06:20

41名の医師が参考になったと回答 

 東京女子医科大学東医療センター皮膚科講師の石崎純子氏は第62回日本医真菌学会(9月8~9日)のシンポジウム「爪白癬治療の標準化に向けて」で、20年ぶりとなる新規の爪白癬治療内服薬として今年(2018年)に発売されたホスラブコナゾールの特徴を解説した。比較的投与期間が短く併用禁忌薬がないことなどの利点を挙げる一方で、肝機能障害の副作用が報告されているため血液検査を投与前および定期的に行う必要があることを強調。「症例数を増やし、長期観察による完全治癒率、再発・再燃率を検討することで、爪白癬治療の良い選択肢になることを期待したい」と述べた。

シンポジウム「爪白癬治療の標準化に向けて」記事一覧

1. 爪白癬治療薬、選択基準の見直し必要
2. 爪白癬治療、外用薬登場で選択の幅広がる
3. 20年ぶりの新規爪白癬治療薬どう使う?

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  20年ぶりの新規爪白癬治療薬どう使う?

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD516717 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外