メニューを開く 検索 ログイン

専門外来で視床下部の機能障害を確認

2018年10月25日 17:20

86名の医師が参考になったと回答 

 若年性線維筋痛症(JFM)は症状が多岐にわたり、検査で異常が見いだせないことから、小児科でも対応が困難な疾患とされる。フジ虎ノ門整形外科病院(静岡県)小児難病治療センター長の横田俊平氏(東京医科大学医学総合研究所小児難病部門長、横浜市立大学名誉教授)は、第10回日本線維筋痛症学会(9月29~30日の)で「JFM外来受診患者の中にJFMとは異なると思われる患者が存在した。それらの患者を調べると、"ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン関連神経免疫異常症候群(HANS)"の可能性が浮上した。全身疼痛はあるものの、視床下部機能障害があり、JFMとは異なる」と独自の見解を示した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  小児 »  専門外来で視床下部の機能障害を確認

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで