メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  極薄パッチで中心血圧モニタリングが可能に

極薄パッチで中心血圧モニタリングが可能に

非侵襲的パッチ型超音波デバイスを開発

 2018年10月25日 06:05
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 (Chonghe Wang/Nat Biomed Eng)

 米・University of California, San DiegoのChonghe Wang氏らが、頸動脈などの皮下深部に位置する血管で中心血圧を非侵襲的にモニタリングできるパッチ型の超音波デバイス(写真1、上)を開発したとNat Biomed Eng2018; 2: 687-695)に発表した。このデバイスは極めて薄く(240μm)、伸縮性があり(最大伸び率60%)、さまざまな部位の皮膚に貼付可能で、血管径の測定結果を基に中心血圧に換算できる。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

水道民営化へ

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  極薄パッチで中心血圧モニタリングが可能に

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12516731 有効期限:12月末まで