メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  アルドステロン拮抗薬の降圧効果と課題

アルドステロン拮抗薬の降圧効果と課題

待たれる第三世代薬

 2018年10月26日 06:10
プッシュ通知を受取る

28名の先生が役に立ったと考えています。

 高血糖状態ではミネラルコルチコイド受容体(MR)を介する作用が亢進しており、糖尿病を合併する高血圧患者では、レニン・アンジオテンシン系(RAS)阻害薬〔ACE阻害薬、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)〕にアルドステロン拮抗薬の追加が有用との報告がある。国際医療福祉大学腎臓内科/同大学三田病院の鍵本昌孝氏(研究責任者:同大学教授/同院内科部長の佐藤敦久氏)は「糖尿病合併高血圧患者に対するアルドステロン拮抗薬の追加投与により血圧の低下が認められた」と第41回日本高血圧学会(9月14〜16日)で報告。「ただし、高カリウム(K)血症の問題があり、新規(第三世代)薬剤の臨床応用が待たれる」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

11月14日は「世界糖尿病デー」。自身の診療領域の疾患啓発デーに対する認知度

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  アルドステロン拮抗薬の降圧効果と課題

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11516736 有効期限:11月末まで